HOME > 飲みやすい酵素飲料 > 酵素飲料ができるまで

酵素飲料に使われる材料

酵素飲料の材料は、野菜や果物には皮や種にも栄養素が多いので、そのまま使用して飲料にしているものが多いです。野菜だと、大根、ニンジン、キャベツ、椎茸、かぼちゃ、さつまいも、ごぼう、里芋、きゅうり、トマト、山芋、生姜、もやしなど。果物では、イチジク、梅、モモ、りんご、キウイ、イチゴ、パイン、メロン、あんず、きんかん、パパイヤ、レモン、柚子。その他には、アロエ、ココナッツ、はとむぎ、菜の花、よもぎ。それ以外のものにも含まれています。

主な製造方法

いろいろな野菜や果物に含まれている酵素ですが、酵素を発酵させて手作りをする方法もあります。簡単ではありませんが、発酵時の気温の変化などにも敏感で自分の目や鼻で確認しながらの作業となります。それを、生野菜で作ったジュースに混ぜますが、やはり手間もかかる上に不安要素もあります。市販の酵素ドリンクを摂取する方が続き易いと思われます。

このページのトップに戻る